工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を工務店で建てることのメリットとしては、管理コストが安い小規模な会社が多いことにより、原価に近い形で建設できることが挙げられます。そしてハウスメーカーのような規格化された建材を使うわけではないので、都市部での狭小地や変形地でも建設できるものとなります。ただし、工務店によっては、複雑な形となる土地の欠点をカバーするような設計力を持たないところがあります。ハウスメーカーは企画力が高いので、その点はあらゆる土地をカバーした設計を可能としています。また、自由度が高いのが工務店のメリットですが、近年据えているフランチャイズによるところは事情が変わります。ハウスメーカーのように建材を使いまわすために、設計に制約を受けるケースが増えています。品質に関しては、小さな工務店はチェック体制が整っていないところもあるので注意が必要となります。もちろん、高い技術を持つ職人がいる工務店では満足度の高い家を建てています。

SNSでもご購読できます。