一戸建て住宅に一生住むと固執せずに、「定年後にはマンションに住む」といったように、ライフサイクルに合わせて住まいを変えるのは大いにアリだと思うのです。
一戸建て住宅に固執して、子どもが巣立った後の不必要に広い一戸建て住宅をリフォームして住んだところで、なんだか物に見合わないと思ってしまうのですよね。
リフォームする費用だって決して安くはないですからね。昔と比べたらリフォーム費用、住宅設備の費用は下がったとはいえ、しかしやっぱり安いとは言えない金額です。リフォームをするのならば、そこそこのお金が出ていきますから。ですから「その物件にそこまでお金をかける必要があるのか?」ということも、しっかりと考えた方がいいと思うのです。老後に備えてリフォームしようと単純に行動をしないで。